大気浄化法の環境保護庁(EPA)のセクション608は、空調(AC)および冷凍装置の保守、サービス、修理、または廃棄中に冷媒が放出されることを知ることを禁じています。 EPAは、冷媒を売買する人々、技術者、ACおよび冷凍システムの所有者と運営者などによる適切な冷媒管理慣行を必要としています。 これらの要件は、オゾン層破壊物質を含むすべての冷媒、たとえばハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)、および非免除の代替冷媒、たとえばハイドロフルオロカーボン(HFC)、ハイドロフルオロオレフィン(HFO)、およびそれらの混合物に適用されます。 要約すると、EPA冷媒リサイクルおよび排出削減プログラムは次のように定義しています。

  • 堅牢な記録管理
  • リークレートの計算
  • 機器のリークしきい値
  • 漏れ修理の時間枠
  • 漏れ検査の要件
  • 改造と退職のタイムスケール
  • アプライアンスの慢性的なリークレポート

冷媒排出量の削減をサポートするために、 Bacharach 提供しています EPA Section 608のコンプライアンスチェックリストについては、今すぐダウンロードしてください。 加えて、 Bacharach マルチゾーン固定冷媒モニターからPGM-IRポータブル冷媒モニターおよびクラウドベースのパラセンス冷媒追跡およびコンプライアンスソフトウェアまで、業界をリードするさまざまな低レベル冷媒モニターを提供します。